不動産・住まい

不動産・住まい

二子玉川は崖下の土地・・・知らないと損する東京の土地の話(その2)東京の川の歴史

地方出身者(またの名を「田舎者」)向けの東京(首都圏)土地のガイドその2.今回は、川の歴史について記してみたい。
不動産・住まい

地方出身者向け・・・知らないと損をする東京の土地の秘密(その1)

数日前に何かと話題の武蔵小杉のタワマンの記事を書いたらアクセスが良かったので、不動産関連のテーマで連投。今回は題して、地方出身者(または「田舎者」)向けの「知らないと損をする東京の土地の秘密」。地方出身者で、これから東京(又は首都圏)でマイホームを買う人向けに私が気にしている東京の土地の知識を書いてみたい。
不動産・住まい

どうしてもタワマンに住んでみたい人には、URがお勧め

photoACより、有名な佃島の多摩湾群の中にもURやJKKなどの公営タワマンがある。
不動産・住まい

呪われた武蔵小杉タワマン・・・台風に続いて開かずの踏切も!

「うんこの流せない」タワマンで有名な武蔵小杉駅近くの南武線向河原駅付近で「開かずの踏切」が問題になっているとのこと。南武線沿線の人口増加に伴い電車が増便。また武蔵小杉駅近辺のタワマン激増で周辺人口も増加、開かずの踏切問題が酷くなっているらしい。
セミリタイア

東証システム障害とJR東日本終電繰上げと日本の未来

10月1日に東証の売買システムで障害が発生、終日売買が停止するという東証始まって以来の事態が発生しました。直接は全く関係がないのですが、9月には、JR東日本が首都圏の終電を30分程度繰り上げると発表しました。私は、この2つの事象は深いところで繋がっているのではないかと考えています。簡単に言うと少子高齢化です。このことは、セミリタイア生活の未来にも大きな影響を与えると考えています。
セミリタイア

世田谷区に空き家5万戸の衝撃・・・セミリタイアには団地がお勧め

また暇に任せてネットサーフィンをしていたらTwitterのトレンドに「空き家五万戸の衝撃」というのが出ていた。なんだと思ってみてみたら以下の朝日新聞の記事のことだった。なんでも東京都の世田谷区で空き家が5万戸もあるらしい。しかも、その2割近くが流通していないとのこと。そこで再びセミリタイアラーにとっての理想の住居を考えてみた。
セミリタイア

台風対策は、URの団地がお勧め・・・セミリタイアの住まい

セミリタイアするに当たって重要な項目の一つが住まい。特に最近は自然災害が多い。スーパー台風に対しては、URの団地がお勧めな話。
セミリタイア

セミリタイア向け住まい探し、その3・・・街の絞り込み

セミリタイア準備で一番重要と言っていい「住まい探し」。この住まい探しの成否が、セミリタイア全体の成否を決定すると言っても過言ではない。今回は、「セミリタイア向け住まい探し」の第3回として、具体的な「街」の絞り込みプロセスを記してみたい。
不動産・住まい

セミリタイア向け住まい探し、その2・・・エリアえらび

セミリタイアに向けた重要事項、「住まい選び」。今回は、今住んでいる場所を選んだ経緯を記してみたい。
セミリタイア

セミリタイア向け住まい探し、その1・・・賃貸かor持家か

セミリタイアをするにあたって、まず最初に悩むのが住まい探し。今回は、永遠の論争が続く「賃貸」or「持ち家」を検討した。
スポンサーリンク
', 'auto'); ga('send', 'pageview');
タイトルとURLをコピーしました