Walter

お金より大切なお金の話

どうやらコロナバブル相場が始まったらしい(その3)・・・バブル前のプチパニック相場?

一月ほど前に「コロナスーパーバブル相場」に関する記事を書いた。過去の「バブル」発生前には、必ず「危機」や「パニック」が発生しているというもの。どうやらそれが起き始めたみたい。
いまさら始めるビットコイン

いまさら始めるビットコイン(その1)・・・なぜ急騰し始めたのか?

ビットコインに代表される暗号資産(旧称「仮想通貨」)の急上昇が止まらない。あれよあれよと言う間に2018年初めに付けた高値2万ドル台を突破した。そしてこの投稿を書いているとき(2月22日)には、何と「600万円」台で取引されている。また暗号資産全体の時価総額(価格×発行枚数)も1兆ドル(約105兆円)の大台に乗ってしまった。これは世界中にある金の時価総額である約1200兆円の10%の規模。もはや無視できない存在になっている。
セミリタイア

海外セミ移住計画(海外デュアルライフプラン)その2・・・パニックシナリオ、原発事故

コロナ騒動が終わったら、近い将来「海外セミ移住(デュアルライフ)」を予定している。その第一の理由は、もちろん「原発」。2月13日に起きた福島県沖の地震でも一番に頭に浮かんだのは、もちろん「福一」は大丈夫か?
セミリタイア

福島県沖M7の地震で新幹線が10日止まったのは、日本の未来の先駆け

先週末、福島県沖を震源とするM7クラスの地震が発生した。地震の影響で東北新幹線などが10日間運休することになったそうだ。丁度受験シーズンだったことから、東北の受験生が東京に出てこれないなど広範囲に影響が出たらしい。
セミリタイア

海外セミ移住計画(海外デュアルライフプラン)その2・・・パニックシナリオ、大規模災害

将来のリスク分散のために近い将来の「海外セミ移住」を計画している。今回は、セミ移住先の選定に向けて、将来日本そして自分が直面する可能性のある「リスクシナリオ」の詳細を検討してみたい。
雑談

東日本大震災を予言したと話題のマンガ「私の見た未来」の予言を真面目に考えてみる

2021年2月13日(土曜日)、東日本大震災から10年目の今年、福島県沖でM7の大きな地震が発生した。そこで改めて一部で話題になっているのが、竜樹諒さんという漫画家が20年以上前に書いた「私の見た未来」という漫画。この漫画の表紙に「大災害2011年3月」と記載されていたことから、311大震災当時話題沸騰。その漫画は、Amazonやメルカリの中古で数万円で取引されている。
未分類

テスラのビットコイン投資を聞いて、ITバブルの時のAOL買収を思い出した

電気自動車で有名なTESLAが何とBitcoinに投資したらしい。その額なんと1500億円。私も少額ながらビットコインを持っている身としては、気になるニュース。そして、このニュースを聞いた時に思い出したのが、今から20数年前の2000年に世間を騒がせたある買収劇。
コロナショックを生き残る

どうやらコロナバブル相場が始まったらしい(その2)・・・スーパーバブル発生か?

今日(2021年2月15日)、ついに日経平均が約30年ぶりに3万円台を超えた。1990年以来とのこと。どうやらコロナバブルが本格的に始まったようだ。実は半年前の昨年8月に以下のようなブログを備忘録として書いていた。そこで今回は、独断と偏見で今後を予想してみたい。
コロナショックを生き残る

コロナ移住で郊外に家を買うときは、地歴を調べたほうがイイよと言う話。(その2) 具体的チェックポイント

止まるところを知らない新型コロナウィルス感染拡大。多くの人がステイホームと言うことで、この際家賃の高い都心から郊外への移住を検討している人も多いかもしれない。中には、この際「エイヤー」と一戸建てを買ってしまう人も。そんな「コロナ移住組」に向けての「首都圏近郊の郊外で一戸建てを買う際に注意する点」。今回は、購入に際しての具体的な「チェックポイント」を書いてみたい。
コロナショックを生き残る

コロナ移住で郊外に家を買うときは、地歴を調べたほうがイイよと言う話。(その1)

止まるところを知らない新型コロナウィルス感染拡大。多くの人がステイホームと言うことで、この際家賃の高い都心から郊外への移住を検討している人も多いかもしれない。中には、この際「エイヤー」と一戸建てを買ってしまう人も。そんな「コロナ移住組」に向けて今回は、「首都圏近郊の郊外で一戸建てを買う際に注意する点」をまとめてみたい。
スポンサーリンク
', 'auto'); ga('send', 'pageview');
タイトルとURLをコピーしました