東北出身者が首相になると日本は破滅する(かもしれない)

日本ブログ村リンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
雑談

去る2020年9月18日に、第99代内閣総理大臣に菅義偉総理が就任しました。安倍前総理の病気による突然の辞意表明を受けてあれよあれよという間に決まってしまいました。菅総理についてどうこう言うつもりはありませんが、一つ気になる事がありました。それは総理の出身地です。菅新総理はご存じの通り「東北の秋田県出身」です。実は今回で99代を数える日本の内閣総理大臣経験者の中で、「東北出身者」は、僅かしかいません。ほとんどの総理大臣が、明治維新を成し遂げた薩長(鹿児島県と山口県)出身者で占められています。あとは岡山や群馬などが目立つ程度。中国地方は元と言えば毛利家の所領でしたから、広い意味で薩長にはいるでしょう。何を隠そう安倍前首相も出身は東京ですが、地元は山口でバリバリの長州閥です。群馬に関しては、福田総理を筆頭に中曽根総理、小渕総理と3人の総理大臣を出しています。群馬は元々上州の国。江戸幕府の親藩で江戸時代には老中や家老などの重要な人材を多数輩出している土地柄です。そういう意味では、佐幕派の代表と言えなくもありません。名古屋も尾張徳川家の地元で同じ。と言うことで東北出身者が総理大臣になるのは極めてまれなことなのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

東北人が総理になると世の中が荒れる?

第一号:原敬首相・・・米騒動で誕生

過去の東北出身の総理大臣を見てみると、最初に総理に任命されたのは、1918年の原敬首相です。原首相が任命された1918年は第一次世界大戦の最中。第一次世界大戦の軍需特需で大正バブルに沸いていました。また1917年にロシア革命が発生、革命を鎮圧するために日本政府はシベリア出兵を決定すると、それまでじわじわ値上がりしていた米価が高騰。日本全国にコメ騒動が広がりました。この米騒動で寺内内閣は総辞職。民衆の怒りを鎮めるために任命されたのが、子爵など貴族の位を持たない「平民宰相」である原敬首相でした。

原敬内閣が誕生したのは、9月28日。その2か月後の1918年11月には、5年以上続いていた第一次世界大戦が突然終結。日本経済では一転バブルが崩壊。国内は大不況に見舞われることになりました。また原内閣とは直接は関係ないのですが、その後の1923年には関東大震災が発生。大正バブル崩壊に苦しんでいた日本経済を直撃。昭和初めまで不況が続きついに「昭和金融恐慌」が発生する事態となりました。

軍国主義とともに東北出身者が増加

次に東北出身者で総理になったのは第30代の斉藤實(1932年)。その次は第37代の米内光政(1940年)です。見てわかる通りご両名とも軍人出身。昭和初期に軍国主義が強まるとともに軍人出身の総理大臣が多くなります。それとともに東北出身者の総理大臣が増えていきます。

東条英機

東北出身の総理として一番に思い浮かぶのが、太平洋戦争を始めた「東条英機首相」です。東条自身は東京出身なのですが、元は盛岡(岩手県)の下級武士の家の出身です。東条英機首相については細かく言う必要はないでしょう。

戦後は、菅首相の前は鈴木善幸首相のみ

戦後に関しては、なんと第70代総理(1980年)の鈴木善幸首相まで東北出身の首相は出ていません。伊藤代理総理(福島)などの代理を除くと一人だけです。戦後もほとんどの総理が明治から大正期と同じように、薩長の藩閥の末柄。あとは愛知(尾張徳川)とか群馬(上州藩)あと石川(前田藩)が目立つ程度です。よく考えるとこれも恐ろしい話です。因みに新潟出身の田中角栄首相は、新潟が信越地方と言うことで東北には含めていません。

現在の状況は原首相の時と何となく似ている

今回この記事を書いていて感じたのは、何となく現代が、原敬首相が誕生した時と似ているということでした。原首相が誕生したのは、丁度100年前で「米騒動」で世の中は大混乱になっていました。米騒動を収めるために当時の重鎮の一人である山形有朋が裏で画策したとの話です。そして今回はコロナ騒動。山形有朋の代わりとしては、だいぶ役不足かもしれませんが二階さんでしょうか。

それ以外にも100年前と現代との共通点をあげてみます。

グローバリゼーション=パックスブリタニカ

第一次世界大戦が勃発するまでは、第一次グローバリゼーションと呼ばれた時期でした。大英帝国と金本位制により世界貿易が拡大。産業革命による技術革新もあり、世界経済が一気に拡大した時期です。現代は、1989年のベルリンの壁崩壊以降、アメリカ一強のもとで急激にグローバリゼーションが進みました。

またコミュニケーション手段や移動手段が格段に進歩した点も似ています。当時は電信網が世界中に張り巡らされましたが、現代はもちろんインターネット。また移動手段に関しても、鋼で出来た蒸気船が本格的に導入され、庶民でも格安で移動出来るようになりました(映画の「タイタニック」)。現代はもちろんLCCなどの普及です。

コロナ=第一次世界大戦

コロナはさしずめ第一次世界大戦でしょうか?初めての世界規模の戦争。最初はサラエボという地方から火の手があがりましたが、あっと言う間に世界大戦に。今回も武漢という中国の一地方都市が発生源でしたがあっと言う間に世界的なパンデミックに。また当初は影響を甘く見ていた点も同じ。第一次世界大戦も当初は数か月で終結すると見られていました。今回のパンデミックでも当初は数か月で終息するとの意見が多かったのですが、現状は終息の見込みが立たない状況です。

中国人の世界的大移動

第一次世界大戦中に大量の中国人が欧州に移動しました。特にフランスでは成人男性の殆どが兵役に就いたため、労働力が不足。それを補うため数十万人に及ぶ大量の中国人労働者が欧州に渡りました。有名なのは後の中国共産党の鄧小平など。今回も大量の中国人が海外旅行や留学などで世界に向けて移動している中で起きました。またその前にも大陸横断鉄道の苦力として大量の中国人労働者がアメリカに移住しています。この大量の中国人の移動がウィルスの世界的拡散に寄与したとの説があります。

米騒動=マスク不足

100前の米騒動は、さしずめマスク不足騒動でしょうか。当時の政府も物価高騰に対応して、コメの売り惜しみや投機を禁止する政策を実行しましたが、今回のマスク騒動と同様に殆ど効果がありませんでした。

5.4運動=尖閣諸島

日中関係が緊張しているのも今と似ています。第一次世界大戦中が勃発した当時、日本政府は中国に対して21か条の要求を突きつけました。これを受けて中国では、反日運動の5・4運動が発生。以後二中関係は泥沼の事態に突き進んでいきます。現在も2012年の野田政権による尖閣諸島国有化以降、日中関係が悪化。それ以降も反日暴動が発生しています。当時と今の違う点は、当時は日本が日の出の勢いで中国が衰退期なのにたいして、現代は中国が上り坂の昇竜、日本は落ち目で日の沈む国なりつつあることです。

関東大震災=首都圏直下型地震?

ここで気になるのが地震です。原内閣が退陣した後になりますが1923年の9月1日に有名な関東大震災が発生しています。大正バブル崩壊で大不況に陥っていた日本経済は、この関東大震災でとどめを刺されます。リスケを行った震災手形が不良債権化、最後は昭和2年の昭和金融恐慌が発生しました。

汚れ役は、東北人に

一年の半分近くが雪に閉ざされる東北地方は、今でも相対的に貧しい地域です。今も日本を代表する大企業は、殆どが西日本か中部地域が発祥です。一年中太陽が出る西日本の経済力が東北を上回り、結果、西日本出身の首相が多くなるのは当然と言えば当然です(そういう意味では、小泉首相は最初の首都圏出身の首相とも言えます)。

そんな中、敢えて東北地方出身者が総理に選ばれると言うこと自体が、この国の行き詰まりを表しているのかもしれません。以前であれば潤沢な国の予算をばら撒くことで、政治は行われていましたが、現在は巨額の財政赤字で政府の実行できる政策は限られています。また高齢化に伴う巨額の社会保障費を考えると、将来に向けて「増税」や「人員削減」などの厳しい政策を行わなければなりません。そんな「汚れ役」は、誰もしたくありません。特に安倍首相のような代々の政治家一家のお坊ちゃま達は、やりたくないでしょう。

菅総理自身には、もちろん何の落ち度もありません。ただ、相対的に経済的な基盤が弱く、人口も少ない東北出身者が総理に選ばれること自体が、この国の「暗い未来」を暗示しているのかもしれません。

コメント

', 'auto'); ga('send', 'pageview');
タイトルとURLをコピーしました