香港問題その2・・・中国共産党は共産主義ではない

日本ブログ村リンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
知らないと損をする世の中の仕組み
ikkustAC

中国政府による「国家安全法」制定で揉める香港問題。その中国を支配しているのが「中国共産党」。この香港の未来を握っている中国共産党に関して、実は多くの人が大きな勘違いをしている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大きな勘違い・・・中国は共産主義ではい

お隣の中華人民共和国は、「中国共産党(CCP)」による一党独裁体制が敷かれている。この中国のことを未だに「アカ」とか、共産主義者と呼ぶ人がいる。日本の多くの識者やマスコミも基本的に中国共産党を共産主義政党だと思っている。ところが、これは大きな勘違いだ。

共産党は、中国伝統の「中華王朝」の一つ

中国は、数千年の長きにわたって「皇帝」による「王朝支配」が続いてきた。歴史の授業で暗記させ垂れた「秦」とか「漢」とかのあれだ。はたまた日本史の授業に登場する「遣隋使」や「遣唐使」の「隋」や「唐」など。中国の歴史とは、簡単に言うと「王朝」>内乱「王朝」>内乱「王朝」のパターンを永遠と繰り返しているだけと言えなくもない。

農民反乱で王朝崩壊のパターンの繰り返し

王朝から王朝への交代もパターン化している。王朝がある程度続くと人口増加による食糧不足「腐敗」が蔓延、そこに台風や旱魃、水害などの自然災害が発生すると、食料不足から飢餓が起きる。食料に困った農民たちは、年貢が払えなくなって、とうとう「農民反乱」が起きる。最初は、王朝側も何とか制圧するが、ある程度規模が大きくなると制圧しきれなくなり、あえなく王朝崩壊となる。

その後は、だいたい100年程度内乱が続く。そして新しい王朝の皇帝には、だいたい反乱軍のリーダーがなる。

中国共産党もこのパターンを踏襲

今の中国共産党も全く同じパターンを辿っている。アヘン戦争からの欧米列強が中国侵略。その影響で19世紀後半に「太平天国の乱」の大農民反乱発生。何とか鎮圧するも1994年の「日清戦争」で小国日本にとどめを刺されて、その後1911年に清王朝があえなく崩壊

その後は、半世紀近くに渡って「群雄割拠」の内乱が続き、最後に「覇者」となったのが、毛沢東率いる「中国共産党(CCP)」と考えるとすっきりする。要はゲームでお馴染みの「三国志」の世界

決して、共産主義を信じる万国の労働者が立ち上がって、資本家を倒して「革命」を成し遂げたわけではない。そもそも当時の中国は、「農業国家」で、人民の大半は「字が読めない」ので、共産主義とか言われても意味不明。

中国共産党のモデルは「明王朝」の「朱元璋」がモデル

現在の中国を支配している「中国共産党」がモデルとしたと考えられるのが、14世紀に中国に誕生した「明王朝」の創始者「朱元璋」だ。明王朝の一つ前の王朝は、有名なモンゴル人の王朝「元」。鎌倉時代には、日本を攻撃してきたことで有名。このモンゴル王朝を倒して誕生したのが「明」王朝。

中国共産党の紅軍と明の紅巾軍はそっくり

中国共産党の主力は、今の人民解放軍の「紅軍」だ。一方、明王朝の元になった反乱軍の名前は、「紅巾軍」。明王朝の創始者の朱元璋は、紅巾軍に対して厳しい規律を課した。当時の反乱軍は、盗賊のようなもので、各地で「略奪」を繰り広げていた。ところが朱元璋は傘下の紅巾軍に対して略奪を禁止するなど規律の維持に努めた。規律の高い紅巾軍は、民衆の支持を集めて、最後は元王朝の打倒に成功した。

毛沢東率いる中国共産党も、傘下の「紅軍」に対して同じような厳しい規律を課した。農民からの略奪は厳禁。また農民に対する暴力や女性に対するレイプなども当然禁止。規律に違反した兵士は、即刻処刑された。この規律の高さが、貧しい中国の農民からの高い支持につながり、50年近く続いた軍閥による内乱を制し、最終的に共産党が革命の勝者となった。

共産主義と白蓮教

もう一つ共通するのがイデオロギー。朱元璋率いる紅巾軍は、もともとは「白蓮教」という仏教系の秘密結社が元になっている。同じく共産党は、「共産主義」がイデオロギー。中国では、伝統的に各地に「秘密結社(要は日本の暴力団的なもの)」が存在していて、一般民衆に強い影響力を持っていた。共産主義も白蓮教も組織をつくるための一種の方便で、民衆を束ねるために宗教を利用しただけ。本気で信じていたわけでなはい。ある意味、共産主義もユートピアと唱える一種の「宗教」だ。

鄧小平は「資本論」を読んだことがない?

現代中国の中興の祖と言われるのは「鄧小平」。今の中国発展のきっかけとなった「改革開放政策」を始めて、世界第二位の経済大国の地位を築いた。この鄧小平さん、実はマルクスの「資本論」をちゃんと読んだことがないらしい。晩年に、「革命に忙しすぎて読むひまがなかった」と言ったとか言わなかったとか。さすがに創始者の毛沢東は読書家だので、一応は目ぐらいは通していると思うが、実は毛沢東もちゃんと読んでいないかもしれない。

汚職、派閥争いもいつものこと

中国というとよく出てくるのが、派閥争いや、汚職、腐敗。これも中国の歴史をちょっとでも知っていれば、いつものパターンだと直ぐに気づく。

中国の歴代王朝は、一応「皇帝」が独裁的に支配していたことになっている。しかし実際は、高級官僚である「士大夫」と皇帝の身の回りの世話をする「宦官」が、政治の実権を握っていた。中国の歴史書を少しでも読むと、結構な頻度で皇帝が殺されていることに驚くかもしれない。宮廷の中では複数の派閥が争いを繰り広げていて、皇帝派の派閥が負けたりすると、皇帝でもあっさり殺されてしまうのがいつものパターン。

今の中国共産党でも、エリート官僚の「共青団」と、共産党幹部のドラ息子の「太子党」の争いや、はたまた「上海閥」や「広東閥」の争いがニュースになる。これも中華王朝伝統の宮廷内の派閥争いととらえると、スッキリ理解できる。さすがに最近は、失脚しても殺されなくなったようなので、中国も少しは文明化したのかもしれない。

外国の支配からの解放

それ以外にも、中国共産党と明王朝には、いくつもの共通点がある。例えば「外国の支配からの脱却」。明王朝の前の王朝は、漢民族以外のモンゴル人による「元」王朝。同じく、今の中国の前は、満州族による「清王朝」で、19世紀後半以降は、欧米列強と我が国日本などの外部勢力が、中国を支配していた。この「外国人」を排除して、「漢民族」による「中華帝国を復興」させることが、共通の木目的。習近平が言った「中国の夢」とは、この意味だと思われる。

まとめ・・・中国の歴史を読みなおそう

今の中国を理解するには、中国共産党を歴代の中華王朝の一つと捉えると、驚くほどスッキリ理解できる。逆に中国を「共産主義」というイデオロギーで捉えると、大きな間違いを犯す。今や世界第二の経済大国となった中国。米中対立の行方は、日本にも大きな影響を及ぼす。もう一度、歴代の中華王朝の歴史を学びなおして、将来の大変動に備えようと思う。

コメント

', 'auto'); ga('send', 'pageview');
タイトルとURLをコピーしました