コロナ日記・・・その3.ダイヤモンド・プリンセス号の阿鼻叫喚

日本ブログ村リンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
コロナ日記

Hirosajiさんによる写真ACからの写真

それは、まるでハリウッド映画のような始まりだった

最初は、中国の田舎の一地方都市の事件と思われていた新型コロナウィルス感染拡大が一気に身近なものになったのが、言わずもがなの「ダイヤモン・プリンセス号」の一件。ニュースで感染者が出た豪華客船が横浜に向かっているというニュースを聞いた時には、不謹慎ながら正直なところ「ちょっとわくわく」したのを覚えている。まるで映画の「ポセイドン・アドベンチャー」みたいと思った。

もう2か月もたっているのか

いま改めて調べてみると、そのダイヤモンド・プリンセス号でのコロナウィルス感染拡大が判明したのが2月2日。横浜港に到着したのが2月3日。陽性患者が多数でた(31人中10人)ことから、2月5日から2週間の隔離が開始された。もう2か月前ということに今更ながら驚く。その時点からマスコミの報道合戦がヒートアップ。連日、横浜港から生中継。次第に船内の悲惨な状況が明らかに。私も連日報道を見ていた記憶が。

D・P号は、知る人ぞ知る曰くつきの船の姉妹船

実はこのD・P号、船名を聞いたときにピンと来たのだが、知る人ぞ知る曰くつきの船名。三菱重工の長崎造船所で建造中にD・P号になるはずだった船で火災が発生、建造が大幅に遅れたという歴史が。火災があった船は「サファイア・プリンセス」として後で就航することになり、本来「サファイア・プリンセス号」となるはずだった船が、「ダイヤモンド・プリンセス号」になった経緯がある。あ~書いていててもヤヤコシイ!私もこの姉妹船が造船所で火災を起こしたニュースを当時見た記憶があったので、この船の映像を見た時にピンときた記憶が。

告発YouTubeで報道が一気にヒートアップ

2月18日には、有名な神戸大学の岩田教授による告発動画がYouTubeに登場。一気に報道はヒートアップしていった。付け足しで頭が弱いのか橋竜の息子の2世議員の厚労省副大臣が「自爆tweet」をして討ち死に。また現場の指揮官として送り込まれた「コネクティングルーム不倫疑惑」で有名な厚生労働省の女性審議官も船内で防護もろくにせずにスイーツを食べていたと告発されるなど、厚労省の失態が出るわ出るわ

PCR検査論争が勃発

内外からの批判の嵐に晒された政府だが、それでも方針は変えずに2週間の船内隔離継続。このころから「なぜPCR検査を全員に受けさせないんだ!」という、今のPCR検査論争に通じる議論が過熱。政府は「WHOの指針に沿ってやってるだけですよ!」と強弁というか言い訳していたわけだけど、実際は検査能力がなかったらしい。

2週間たったので乗客を放流するも、その後に陽性者が続発

ということで2週間が経過した2月19日から症状のない乗客は順次下船開始。そのままどこかに収容するかと思いきや、そのまま公共交通機関を使って帰宅。この頃にはコロナ感染者の中には発症しない「無症状患者」が相当居ることが知られていた。コロナウィルスをばら撒くおそれがあるとの指摘は相当あったが、案の定、その後、無症状の乗客が発症する例が続発する事態に。

オリンピックもあり一件落着で対策が後手後手に

本来であれは、この世界初の大型クルーズ船でのパンデミックというD・P号の経験を生かして早めに対策や体制整備をするべきだった。が、実際は、東京オリンピックのこともあり何となく「事件は収束して終わったよね!」という雰囲気に。不思議な中だるみ感が蔓延。この後の貴重な3月の1ヵ月を浪費することに。判明している感染者が少なかったことから、本格的な世界的パンデミックを前に、何となく政府も世間にもアンニュイな気分が漂っていたことを覚えている。

連日の報道を見ながら自宅籠城の臨戦態勢に

この間約1ヵ月弱、自分は何をしていたかと思い出すと。自宅籠城の本格準備。缶詰と玄米、乾麺や味噌などの食料の備蓄を開始。外出時はマスクと使い捨て手袋着用、買い物は3日に一回に。医療機関の混乱を予想して常用薬を多めに処方してもらうなど。一番の決断は、2月末に予定していたコンサートに行くことを取り止めたことか(損害3万円弱)。ちなみに、このコンサートは、つつがなく開催されたようで、一応感染者も出なかったようだ。だが、これが最後のコンサートになってしまったよう。3月に入るとイベントなどが軒並み休止に。

ただし世間はどことなく他人ごと

2月半ばに月一回の通院のために久しぶりに乗った時は、さすがにマスクを殆どの人がしていたが、まだどことなく他人事と言う感じが漂っていた。コロナウィルの問題というより「マスクが手に入らない問題」になっていた。私も含めて周りに感染している人がほとんどいなかったからだろうか。私はマスクはもとより、透明な作業用のゴーグルに使い捨て手袋をして電車に乗ったが、そこまで防備している人はまだ見かけなかった。電車で向かい合った女性が私を見てギョッとした顔をしていたのが印象的。スーパーなどでも、まだ「レジ囲う透明シート」もなければ、レジ打ちのおばさんのビニール手袋着用も見られなかった。

コメント

', 'auto'); ga('send', 'pageview');
タイトルとURLをコピーしました